イベントレポート
30周年・30回目の節目を迎えたメディア対抗ロードスター4時間耐久レース
2019年9月7日(土曜日)、茨城県の筑波サーキットで「第30回メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」が開催されました。初代ロードスターがデビューした1989年以来、自動車専門誌やテレビ、ラジオ、インターネットなどメディア関係者のチーム対抗として行われている伝統の一戦です。30周年で30回目という節目の大会は好天にも恵まれ、素晴らしいバトルが展開されました。

マシンはすべてマツダからの貸与で、タイヤの空気圧以外は一切の調整・改造が不可という、厳格なイコールコンディションが保たれているのが特徴です。年に一度、業界の腕自慢たちが世界で一番愛されているオープンスポーツカーで真剣勝負を楽しむと同時に、その模様を自らのメディアを通じて発信することで、モータースポーツの振興にも一役買っています。

新型のNDとなって5年目の今年は24チームがエントリー。初参加は「C-NET(媒体名、以下同)」「Support Companies(サポートカンパニーズ)」「LOVE CARS!TV!」「トヨタイムズ」の4台です。「C-NET」は米国最大のWEBメディアとFIA・GT選手権のコラボチーム、「サポートカンパニーズ」は本レースを支援しているブリヂストンなどのサプライヤーを代表する選手たちと、マツダの中山雅チーフデザイナーで結成した混成チーム。さらに河口まなぶさんが主宰する「LOVE CARS!TV!」には、腕自慢のジャーナリストが揃いました。

やはり最大の注目は「トヨタイムズ」です。プログラムの選手紹介には、クルマ屋の親父/クラッチ屋の親父/峠で育った現役レーサー/車好きの父に育てられたクルマ大好き青年……の4名で編成とあります。クルマ屋の親父とは“MORIZO”の選手名で知られる、トヨタ自動車を率いる豊田章男氏。今回はマツダの丸本明社長からの招待に応える形での参戦です。じつはこのチーム、スーパー耐久という国内のシリーズ戦にも86で参戦中。忖度されなくても、実力で優勝を狙っていることでしょう。






予選はパーティレース出身の若者が輝く
レギュレーション(レース規則)やマシンの仕様については、昨年に続いて今年も基本的に変更がありませんでした。唯一、CUSCOの6点式ハーネスは新型にアップグレードされて、参加者たちからも好評でした。一昨年から4時間の決勝で使用できるガソリンが10リットル少ない計60リットルになり、それに伴って給油回数も原則として1回になりました。さらに使用タイヤもブリヂストンのPOTENZA Adrenalin RE003になっています。

各チームのエースドライバーが真剣勝負で争うのは、12時55分から20分間の公式予選です。予選後はもう一度、満タンにしなければいけないので燃費不問の全開合戦。開始早々、昨年のポールシッターである「ENGINE」の大井貴之さんが1分11秒456を叩き出します。予選が半分以上進んでもこれを上回る選手はいませんでしたが、モニターを見るとまだアタックしていないチームが1台残っていました。

「REVSPEED」の予選を担当した堤優威さんは大学在学中の2015年に、ロードスター・パーティレースでチャンピオンを獲得。その後はスーパー耐久でNCロードスターに乗って優勝を経験し、昨年はグローバルMX-5カップJAPANでチャンピオンを獲得するなど、ロードスターとともに成長してきた24歳(9月7日時点)の注目株です。同編集部が公式サイトで「10分過ぎてもヘルメットも被らずにいたので、もうハラハラ……」と裏話を披露しているように、アタックしたのは最後の最後でしたが、1分11秒066という断トツのタイムでポールポジションを獲得しました。

予選2番手は前述の大井さん。以下、3番手には初出場「C-NET」の山田和輝さん、さらに最多優勝チーム「Tipo/Daytona」の橋本洋平さん、こちらも初出場「トヨタイムズ」の佐々木雅弘さん、「CARトップ」の中谷明彦さんまでがベスト6となりました。

15時10分からはコース上で、決勝スタート前セレモニーが始まりました。まず橋本弘大会実行委員長が登壇して挨拶。前年度優勝の「ENGINE」から持ち回り優勝カップが返還され、代わりにレプリカが授与されました。そしてポール獲得の「REVSPEED」の監督兼選手の塚本剛哲さんが「30周年をすべての人々に感謝し、盛り上げ、楽しむことを誓います」と選手宣誓。

そして予選の上位から順番に各チームの紹介と一言アピールが行われました。「トヨタイムズ」でマイクを握ったのはもちろんMORIZOさん。「今日は“人馬一体”となって走りたいと思いますが、マツダさんのように美しくは走れないかもしれません。でも“Be a driver”で頑張ります」と、マツダのキャッチコピーを連発して意気込みを語りました。










 [ 1 2 3 競技結果 ]